[日記]発病


ヤマを越えたところでダウン、という癖は一生なおらないのか? 体調こわしました。


止まらない咳。流れ続ける鼻水。喉が痛む。熱は全く出ないが発熱時のように全身がダルく痛い。「こんなに目が回るのに35度台(当方、平熱が低いのです)だなんて… 何かの奇病じゃないか、これは…?」と息も絶え絶えな当方に妻は一言「風邪でしょ」


昨年のうちにインフルエンザのワクチン打って、これで今シーズンはもう大丈夫!と、次々インフルに罹患する学生たちを尻目に意気揚々としてたのに。単なる風邪をひいてしまうとは釈然としないなあ!!!


しかも一家3人次々罹患して、今や共倒れ状態。老老介護とはこんな世界かと悪い冗談とばしながら看病し合うフラフラ夫婦フラフープ。あれ?何を言ってるのだ俺は。とにかく目もビキビキに痛むので、こうやってコンピュータのディスプレイ見てるのも非常に苦痛なのです。




しかしなんと時を同じくしてそのMacBookも修理に出すことに…!


これは別にAirが出たからヘソ曲げてダウンしたわけではなく(なぜか次の新製品が出る頃になると故障し始めるんだよなあ機械ってヤツは)ディスクドライヴがいよいよスロットローディングしなくなってしまったので、ちょっと仕事の手が空いているこの時期にとっとと交換修理に出してしまおうという腹である。


小心者の当方にとって、十数年におよぶMac生活を経てようやく身につけた習慣=「プロテクションプランには必ず入っておく」のおかげで費用の心配をしなくても良いのは、精神衛生上ひじょうに良い事である。


とは言えバックアップ作業だの、修理中に必要になりそうな書類のプリントアウトだの、やる事がたくさんあっておちおち休息もしてられない。またそういう時に限って今度はプリンターのインクがなくなる。こんな時に限って買い置きのインクも「その色だけ」切らしちまってるときた。テクノロジーの便利さを享受する現代生活の美しいイメージは畢竟、モグラ叩きのように潰しても潰しても潰しても現れる不具合いや不条理の連続という暗黒面によってかろうじて支えられている虚像にすぎないのであ、あれ?何を言ってるのだ俺は?風邪薬の大量服用によるめTこかFっHGRっっっっっっっ
















そんなわけでメールのレスポンスとか遅れる可能性あります。
しばらくビジネス関係の連絡は電話でよろしくお願いしますー


[日記]発病


ヤマを越えたところでダウン、という癖は一生なおらないのか? 体調こわしました。


止まらない咳。流れ続ける鼻水。喉が痛む。熱は全く出ないが発熱時のように全身がダルく痛い。「こんなに目が回るのに35度台(当方、平熱が低いのです)だなんて… 何かの奇病じゃないか、これは…?」と息も絶え絶えな当方に妻は一言「風邪でしょ」


昨年のうちにインフルエンザのワクチン打って、これで今シーズンはもう大丈夫!と、次々インフルに罹患する学生たちを尻目に意気揚々としてたのに。単なる風邪をひいてしまうとは釈然としないなあ!!!


しかも一家3人次々罹患して、今や共倒れ状態。老老介護とはこんな世界かと悪い冗談とばしながら看病し合うフラフラ夫婦フラフープ。あれ?何を言ってるのだ俺は。とにかく目もビキビキに痛むので、こうやってコンピュータのディスプレイ見てるのも非常に苦痛なのです。




しかしなんと時を同じくしてそのMacBookも修理に出すことに…!


これは別にAirが出たからヘソ曲げてダウンしたわけではなく(なぜか次の新製品が出る頃になると故障し始めるんだよなあ機械ってヤツは)ディスクドライヴがいよいよスロットローディングしなくなってしまったので、ちょっと仕事の手が空いているこの時期にとっとと交換修理に出してしまおうという腹である。


小心者の当方にとって、十数年におよぶMac生活を経てようやく身につけた習慣=「プロテクションプランには必ず入っておく」のおかげで費用の心配をしなくても良いのは、精神衛生上ひじょうに良い事である。


とは言えバックアップ作業だの、修理中に必要になりそうな書類のプリントアウトだの、やる事がたくさんあっておちおち休息もしてられない。またそういう時に限って今度はプリンターのインクがなくなる。こんな時に限って買い置きのインクも「その色だけ」切らしちまってるときた。テクノロジーの便利さを享受する現代生活の美しいイメージは畢竟、モグラ叩きのように潰しても潰しても潰しても現れる不具合いや不条理の連続という暗黒面によってかろうじて支えられている虚像にすぎないのであ、あれ?何を言ってるのだ俺は?風邪薬の大量服用によるめTこかFっHGRっっっっっっっ
















そんなわけでメールのレスポンスとか遅れる可能性あります。
しばらくビジネス関係の連絡は電話でよろしくお願いしますー

ネット大学


いよいよ本当に今年度の最終授業日である。


まず2限「映像メディア論」は先月行った期末テストの「答え合わせ」。
試験問題は、今年の授業で扱った以下の3つのCMを観せて、授業で解説した共通点を答えさせるものであった。

[CM1]


[CM2]
http://http://www.youtube.com/watch?v=iYhCn0jf46U


[CM3]
http://http://www.youtube.com/watch?v=HwU2t3BJtiM&eurl=http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=2264

(答は下に↓)




















…正解は「どれもヴァイラル広告」でした!


あくまで「”授業で解説した”共通点」というところがミソ。無理矢理こじつけで共通点を「発明」しちゃっている人もいたりして解答用紙はなかなか面白い事になっていたが。今年度は授業内でしつこくヴァイラル広告の話してたので、ちゃんと出席してればピンと来たのではないかと思います。


しかし、これ、単に試験のためにひねり出した設問というわけではなくて、まさに2007年のCMシーンを端的に表現している(そしてこれからのシーンを予告している)のが、これら一連のヴァイラル広告ではないかと思うのだ。[2]のDOVE"EVOLUTION"なんて、カンヌでグランプリまで獲っちゃったわけだし。2008年もネット広告が世間を騒がすことはまず間違いないだろう。




で、午後のVACクラス。


今日は最後だから軽く1年の反省でもやってお開き…のつもりが、たまたま研究室をぶらついていた(←他のクラスの授業しに来てたのを拉致ったという噂あり)港千尋&佐々木成明の両氏を無理矢理ゲストスピーカーに迎え、さらにはなんと伊藤俊治客員教授まで乱入して教員5人による即席パネル・ディスカッションという豪華な番組が始まってしまった。


それというのも三橋くんがこんな映像を紹介してくれたからで↓


・バリ島のケチャ
http://http://www.youtube.com/watch?v=FTo0-r5OcWI&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=FTo0-r5OcWI
・歌舞伎町ホストクラブのドンペリコール
http://http://www.youtube.com/watch?v=1T_ZRgKzuhE&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=1T_ZRgKzuhE&feature=related
・モー娘。コンサート会場前のヲタ芸
http://http://www.youtube.com/watch?v=ub4L9bVjuP4&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=ub4L9bVjuP4


これはもー素晴らしすぎる三題噺って事で、どうかじっくり見比べていただきたい。「男はなぜ徒党を組むのか?」という素朴な疑問から始まり、祝祭、陶酔、群衆、都市、情報 ……といった感じで、映像人類学トークはとどまるところを知らないのであった。完全に学生を置いてきぼりにした90分間(笑)しかし本当に今やYOU TUBEは教材の宝庫だね。大学2.0ってこういうことか?(←しかも死語)

ネット大学


いよいよ本当に今年度の最終授業日である。


まず2限「映像メディア論」は先月行った期末テストの「答え合わせ」。
試験問題は、今年の授業で扱った以下の3つのCMを観せて、授業で解説した共通点を答えさせるものであった。

[CM1]


[CM2]
http://http://www.youtube.com/watch?v=iYhCn0jf46U


[CM3]
http://http://www.youtube.com/watch?v=HwU2t3BJtiM&eurl=http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=2264

(答は下に↓)




















…正解は「どれもヴァイラル広告」でした!


あくまで「”授業で解説した”共通点」というところがミソ。無理矢理こじつけで共通点を「発明」しちゃっている人もいたりして解答用紙はなかなか面白い事になっていたが。今年度は授業内でしつこくヴァイラル広告の話してたので、ちゃんと出席してればピンと来たのではないかと思います。


しかし、これ、単に試験のためにひねり出した設問というわけではなくて、まさに2007年のCMシーンを端的に表現している(そしてこれからのシーンを予告している)のが、これら一連のヴァイラル広告ではないかと思うのだ。[2]のDOVE"EVOLUTION"なんて、カンヌでグランプリまで獲っちゃったわけだし。2008年もネット広告が世間を騒がすことはまず間違いないだろう。




で、午後のVACクラス。


今日は最後だから軽く1年の反省でもやってお開き…のつもりが、たまたま研究室をぶらついていた(←他のクラスの授業しに来てたのを拉致ったという噂あり)港千尋&佐々木成明の両氏を無理矢理ゲストスピーカーに迎え、さらにはなんと伊藤俊治客員教授まで乱入して教員5人による即席パネル・ディスカッションという豪華な番組が始まってしまった。


それというのも三橋くんがこんな映像を紹介してくれたからで↓


・バリ島のケチャ
http://http://www.youtube.com/watch?v=FTo0-r5OcWI&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=FTo0-r5OcWI
・歌舞伎町ホストクラブのドンペリコール
http://http://www.youtube.com/watch?v=1T_ZRgKzuhE&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=1T_ZRgKzuhE&feature=related
・モー娘。コンサート会場前のヲタ芸
http://http://www.youtube.com/watch?v=ub4L9bVjuP4&eurl=http://www.youtube.com/watch?v=ub4L9bVjuP4


これはもー素晴らしすぎる三題噺って事で、どうかじっくり見比べていただきたい。「男はなぜ徒党を組むのか?」という素朴な疑問から始まり、祝祭、陶酔、群衆、都市、情報 ……といった感じで、映像人類学トークはとどまるところを知らないのであった。完全に学生を置いてきぼりにした90分間(笑)しかし本当に今やYOU TUBEは教材の宝庫だね。大学2.0ってこういうことか?(←しかも死語)

ダンス・ノン・ストップ


年度末の今週は最終回が続きます。今日は通称「DMR」(ダンス・ミュージック・レコードではなくてダンス・ミュージック・リサーチの略です)ことデザイン論ゼミの最終回。学生からはクラブでのフィールドワークとストリートダンサーのアンケート調査という2件の発表あり。


最後の最後なので、メンバーに聞いてみた。
「ダンス(ミュージック)は何のためにあるのか?」と。


この1年間ディスコ開催したりフィールドワークやったりプロのDJまで招いたりしながら
考え続けてきた問いである。


答はまさに十人十色。「祝祭」「解放」「日常からの脱出」といった意見が多かったけれども。


当方が感じるのは「抑圧」との関係である。極端な例を挙げれば植民地時代の奴隷のダンスのように、差別や抑圧が強くて過酷な状況であればあるほど、ダンスが輝きを持つというのは一つの真実だと思われる。


あるいは、ウィークデイの肉体労働に従事する若者が週末だけはディスコでスターになる…という映画『サタデー・ナイト・フィーバー』を挙げても良い。黎明期のクラブシーンを築きあげたのが黒人やゲイなどマイノリティ層であったという歴史的事実を挙げても良い。


いつの時代もクラブのメイン客層は若者だが、それは金もなく将来も不明で悶々としている若い時代こそダンスを必要とするからではないのか。いやそもそも抑圧ゼロの人間なんて存在しないんだから、どんな人間だってダンスするのではないのか?


ま、この話は菊地成孔さんの「憂鬱と官能」論みたいなもので、ダンスに限ったことではないとも言える。そもそも音楽とは、アートとは、そういう存在なのかもしれない。人類はこれまで、差別、抑圧、ストレス、プレッシャー、憂鬱、悲哀……のようなネガティヴな感情を、美や官能や快楽のようなポジティヴなものに反転させることで、なんとか生きのびてきた。絶望の果てにすら残る小さいが強く輝く宝石のようなもの。それを人は「希望」と呼ぶ。

ダンス・ノン・ストップ

WONO2008-01-10



年度末の今週は最終回が続きます。今日は通称「DMR」(ダンス・ミュージック・レコードではなくてダンス・ミュージック・リサーチの略です)ことデザイン論ゼミの最終回。学生からはクラブでのフィールドワークとストリートダンサーのアンケート調査という2件の発表あり。


最後の最後なので、メンバーに聞いてみた。
「ダンス(ミュージック)は何のためにあるのか?」と。


この1年間ディスコ開催したりフィールドワークやったりプロのDJまで招いたりしながら
考え続けてきた問いである。


答はまさに十人十色。「祝祭」「解放」「日常からの脱出」といった意見が多かったけれども。


当方が感じるのは「抑圧」との関係である。極端な例を挙げれば植民地時代の奴隷のダンスのように、差別や抑圧が強くて過酷な状況であればあるほど、ダンスが輝きを持つというのは一つの真実だと思われる。


あるいは、ウィークデイの肉体労働に従事する若者が週末だけはディスコでスターになる…という映画『サタデー・ナイト・フィーバー』を挙げても良い。黎明期のクラブシーンを築きあげたのが黒人やゲイなどマイノリティ層であったという歴史的事実を挙げても良い。


いつの時代もクラブのメイン客層は若者だが、それは金もなく将来も不明で悶々としている若い時代こそダンスを必要とするからではないのか。いやそもそも抑圧ゼロの人間なんて存在しないんだから、どんな人間だってダンスするのではないのか?


ま、この話は菊地成孔さんの「憂鬱と官能」論みたいなもので、ダンスに限ったことではないとも言える。そもそも音楽とは、アートとは、そういう存在なのかもしれない。人類はこれまで、差別、抑圧、ストレス、プレッシャー、憂鬱、悲哀……のようなネガティヴな感情を、美や官能や快楽のようなポジティヴなものに反転させることで、なんとか生きのびてきた。絶望の果てにすら残る小さいが強く輝く宝石のようなもの。それを人は「希望」と呼ぶ。